交通事故の慰謝料等を算定する弁護士の赤本とは

弁護士が交通事故について解説しているホームページなどを見ると、頻繁に「赤本」もしくは「赤い本」という言葉が出てきます。この赤本は、交通事故の慰謝料の「相場」のようなものが掲載されている本です。弁護士が交通事故事件を処理する際に、損害賠償金(示談金)の算定をするために使用する書籍です。

赤本について、詳しく解説します。

関連記事:交通事故で示談金や慰謝料の事で困ったら賠償金算定センターに相談

「赤本」とは何か?

交通事故で「赤本」とか「赤い本」と言えば、公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」という書籍のことです。交通事故の慰謝料の算定基準等が掲載された、交通事故を取り扱う弁護士が使用する定番本です。

赤本と呼ばれているのは、表紙が赤いことによる通称です。近年は、表紙に「赤い本弁護士必携」と記載されるようになり、通称である「赤い本」という言葉が表紙にも使われています。赤本は、毎年改定され、年に一度、上下巻セットで発行されます。

法曹関係者向けの専門書なので、一般書店では販売されていませんが、日弁連交通事故相談センターに申し込めば、一般の人でも購入することができます。上巻のタイトルは「上巻(基準編)」となっており、交通事故の損害賠償額の算定基準などが掲載されています。

下巻のタイトルは「下巻(講演録編)」となっており、交通事故に関連した講演録や論文が掲載されます。慰謝料等の損害賠償額の算定に使われるのは、上巻(基準編)です。

赤本の上巻(基準編)にはどのようなことが書かれているのか?

赤本の上巻は、交通事故事件について、弁護士が加害者と示談交渉をしたり、民事訴訟を起こす際などに請求する損害賠償額を決めるために、過去の裁判例等をもとにして作成された損害賠償額算定のための基準が掲載されています。

赤本の上巻は、治療費のことから始まります。

まず、治療費については、「治療費は必要かつ相当な実費全部」が損害として認められるという前提を記述し、それではその必要かつ相当な実費の範囲とはどのようなもので、どのような点が紛争になっているのかという裁判例が列挙されています。

その後、治療費と同様に、休業損害、後遺症による逸失利益、死亡による逸失利益、慰謝料等を請求する際の基準が掲載され、これについての裁判例などが収録されています。弁護士は、交通事故の被害者から相談を受けた際は、この赤本の上巻を参考にして、保険会社と示談交渉したり、加害者に訴訟を提起する、ということになります。

また、赤本の上巻には、自賠責保険の支払い基準や、交通事故の休業損害や逸失利益算定のために必要になる賃金センサス表などもついており、交通事故の問題解決には欠かせない情報が多数掲載されています。なお、赤本の下巻は、プロ向けの読み物のようなものになっています。

交通事故の裁判などの際に法律上問題となる様々な細かいトピックについての、法律家の講演や論文が収録されています。

関連記事:交通事故で要介護になった時の慰謝料


「青本」という本もある

法曹関係者が使用する交通事故関係の書籍には「青本」とか「青い本」と呼ばれるものもあります。これは、公益財団法人日弁連交通事故相談センターが発行する「交通事故損害額算定基準一実務運用と解説一」という本です。

こちらも、赤本の上巻と同じように、交通事故の損害賠償額を算定する際の基準が掲載されている本です。青本は、赤本と違い、毎年出版されるものではなく、隔年で発行されます。青本は、赤本と同じように、交通事故の慰謝料等を算定する基準を掲載したものです。

内容は、赤本と同じところもあれば、違う点もあります。部分的には、赤本より詳しく記述されているところもあるので、弁護士は、どちらの本も参考にしていることが多いようです。赤本と青本の大きな違いとして、青本は慰謝料を「範囲」で記述している点があります。

赤本が、入院1ヶ月通院6ヶ月の場合の慰謝料は「149万円」と記載しているのに対して、青本は「184万円から100万円」などと、上限と下限を決めて、幅を持たせているのです。

青本の基準は、特段の事情がなければ幅の最低値、特段の事情があれば最高値を選択して使えるような形になっています。一般的には、特段の事情がなければ、赤本の基準で算定したほうが、青本の基準よりも高額になることが多くなっています。

このため、赤本・青本の使い方の例としては、まずは赤本で損害賠償額を計算してみて、念のため青本も確認し、もし青本で赤本より高額な損害賠償請求ができる法律的な理屈があるなら、青本の高い方の金額で請求してみる、というような使い方が考えられます。

関連記事:交通事故の慰謝料を上げる方法

赤本の上巻には過失割合の基準も記載されている

赤本の上巻は、損害賠償額の算定基準だけでなく、過失相殺の基準、いわゆる過失割合も記載されています。過失割合というのは、例えば、信号の無い交差点で、一方が一時停止標識を無視した場合、基本の過失割合は、一時停止を無視した車両の過失が8、そうでない方の車両の過失が2というような、事故当時者双方の過失の割合のことです。

交通事故では、このような過失割合に応じて、事故の当事者双方の損害負担の割合を決めます。交通事故では、双方、自分の過失を小さく見積もることが多いため、当事者同士が一番揉めるところです。この過失割合については、裁判所・弁護士・保険会社などが実務で参照している判例タイムズ社発行の「別冊判例タイムズ38民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という本があります。

赤本の過失相殺率の基準は、概ねこれと同じものです。実務の世界では圧倒的に「別冊判例タイムズ38」を使用することが多いため、赤本の過失割合はあまり参考にはされませんが、弁護士は、出張での法律相談の際に、赤本の上巻一冊持ち歩けば、判例タイムズを持ち歩かなくても、交通事故の法律相談に答えられます。

まさに「弁護士必携」の本というわけです。

なお、青本には過失割合の基準は掲載されていません。

交通事故の事件処理のための3冊

交通事故について、法律のプロが使用するのが、「赤本」(赤い本)・「青本」(青い本)・「判タ」(別冊判例タイムズ38)の3冊です。その中でも、赤本の上巻(基準編)は、損害賠償額の算定のみならず、過失割合の検討にも使える、便利な本です。

弁護士でなくとも、交通事故の被害に遭い、保険会社の担当者に言いくるめられないために、交通事故の損害賠償について勉強している人は多いですが、その場合は赤本を購入して研究すると、役に立つ情報を得られるかもしれません。